《ひらひら 星は流れる》と歌われるところでひらひらさせる志帆の手には優雅さがあった ページトップへ